田舎に暮らす外国人妻との日常

山と川に囲まれた静かな田舎に暮らす外国人妻との日常花と畑と買い物

狭い我が家そんなに急いでなんになる(2)

鮎釣りがしたいでも 雨そして台風

おはようございます

徳雄です

7月27日

仕事は午前中で終了。

いつでも川に行けるように 、今は鮎釣りの準備中

膝の調子も良好

f:id:toku25:20190813074908j:plain

心配なのは24、25日、夜の豪雨、と27日夜中に台風6号が通過する予報

28日朝

予報通りに6号が通過、川は増水、釣りどころではない

釣り人すらいない

「せっかくの休みなのになー・・・・・」

朝8時30分ごろ撮影

f:id:toku25:20190813115928j:plain

いつもはこんな風

f:id:toku25:20190814071118j:plain

我が家のいけす

ここにおとりのアユが入るはずだった

(本当ならば川に置きたいのだが、最近はやたら鮎だけを持っていくやつがいる)

(ひどいのはカギをかけた、いけすを壊すものすらいる)

f:id:toku25:20190813121230j:plain

7月31日

レントゲンの撮る日

医者「具合はどうですか」

私「随分良くなりました」

医者「それでは足を伸ばしてください」

定規を持って来て伸び具合を見た

「もう少し伸びて言い訳だね」

「今度はどのくらい膝が曲がりますか」

私「いくらでも曲がります」両手で曲げてみら腰が痛かった

医者「むりしなくていいです」

 レントゲン写真を見ながら「折れたところがまだ完全ではありません、リハビリと超音波は続けましょう」

「今度は8月21日にレントゲンを撮りましょう」

レントゲンを撮る日が随分長くなった、ありがたい

そしてリハビリ室でマッサージの人が

「膝はどんな風ですか」

私「あぐらは出来ますが、お座りがまだできません」

 マッサージの人、少し間を置き

「それではうつ伏せになってください」

太ももの裏から,つま先までマッサージ、所々痛かった

8月2日 リハビリだけ

マッサージの人膝をもみながら

「随分変わりましたね、膝の回りが柔らかくなりました」

有難い言葉、これからはそんなに医者やリハビリに、行かなくても済むかな

8月3日午後

やっと鮎釣りが出来た

2時間ほどだったが膝の回りがやけに痛く、すぐに風呂に入ったがそんなには代り映えは無かった

冷えは良くない(分かってはいる)まだリハビリは必要か

怪我をして分かった

妻が良く「パ パ パ、とやんないで回りをよく見て」と言う

せっかちな私にはなかなか出来ない事、中学の通信簿の欄に

「落ち着きがない」と書いてあった。

外国人妻でさえ分かること、情けない

今年10月で満65才、少しは気を付けてやるように。

まだリハビリは続くと思いますが、今回はこの辺で終わります。

我が家に来たツバメの巣立ちまでパート3

蛇が来ないよう万全を期したハズが

お早うございます

徳雄です

6月28日

f:id:toku25:20190804064238j:plain

朝、ツバメが3羽、車庫中を飛び回っている

ただ飛び回っているだけかなと思っていた

2日目の朝、巣を見ると少しだけ大きくなっていた

「もしやまた卵を産むのか」

7月5日撮影

f:id:toku25:20190804132233j:plain

下は6月18日撮影

f:id:toku25:20190804063806j:plain

7月8日撮影

こんな時、望遠があったらなー・・・

f:id:toku25:20190804133057j:plain

7月9日

夜、我が家でと思った。

我が家にも、望遠があるじゃない、なんで早く気が付かなかったのか

それが下のビデオカメラ

これからは巣の近くまで行かなくて撮れるはず

f:id:toku25:20190804133337j:plain

7月10日

まだこんな風

f:id:toku25:20190804133759j:plain

7月13日

卵を温めているのかな?

f:id:toku25:20190804134002j:plain

7月19日

たいして変わっていない

f:id:toku25:20190804134128j:plain

7月25日

少し変わったか

f:id:toku25:20190804134324j:plain

7月30日

朝、いつのまにか生まれていた

f:id:toku25:20190804134434j:plain

7月30日

朝、我が家の電線にはこれだけのツバメがいた

f:id:toku25:20190804134805j:plain

8月1日

元気

f:id:toku25:20190804135037j:plain

これからが大変、蛇からひなを守るため色々工夫をした

冷蔵庫の上をかたずけ、たばこの吸い殻を置いた。

鳥かごや箱などをかたずけた。

(かたずける前)

f:id:toku25:20190804140018j:plain

7月31日

片づけた後

f:id:toku25:20190807065356j:plain

7月31日

同じ日蛇が来ても邪魔するようにアクリル板(会社にあった廃材)取り付けてみた

(取付前)

f:id:toku25:20190807070229j:plain

(取付後)

f:id:toku25:20190808063536j:plain

同じ日今度は妻が何を思ったのか車庫にラジオを置きだした。

音量は、少し離れても聞けるくらい、何故かNHKです。

車も外にだす。

冷蔵庫の下には100円ショップで、妻が買った蛇の嫌いな粉がある

これだけやれば蛇は来ないと思う。

後はひなが大きくなるだけのはずだった

8月2日
リハビリに行くため、朝早く我が家を出る

10時半ごろリハビリが終わり妻に電話

「終わったから今から会社に行く」

妻「ツバメ、大きい鳥(親鳥)がいない、蛇にやられたみたい」

私「あれだけやったのに、どこから来んだべー」(何処から来るのか)

「帰ったら(仕事が終わったら)見るから」

会社に行き同僚に話をする(やった事の内容を話した)

私「又、ツバメが蛇にやられた、参ったよ」

 「やるだけの事はやった、どこから来るのかな?」

同僚A 「うちもラジオをやったよ、それも巣の真下に、ひもでぶら下げたよ」

「それでもやられた。でも毎年巣は作るよ」

「蛇はどこからでも上がってくるからアクリル板なんか目じゃない」

「やるならアクリル板をもっと下げなければ意味がない」

私「蛇ってそんなに賢いのか?」

同僚A「板の下をくぐって行くよ、その先には食べたいものがあるから」(下の写真参照)

f:id:toku25:20190810144006j:plain

同僚B「それならネズミ捕りなんかはどうだい(どうでしょうか)」

「ネズミが掛かかるぐらいだから、蛇だってかかんべー」(蛇だってかかるでしょう)

私「ネズミとりか、それはいいね画びょうで、はっ付けるだけだもんな」

「もっと早くに言ってほしかったなー」

8月3日

雛のいない巣

f:id:toku25:20190810150618j:plain

車庫の柱の概要

この何処から蛇は上がってくるのか

今回も巣立ちが見られるなかった。

少しだけやったから、気持ちが少しだけ違う

来年、来たら、もっとうまくやって見たい

これでツバメの巣立ちは終わります。

f:id:toku25:20190810150847j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 



 

狭い我が家そんなに急いでなんになる

妻によく言われた、回りをよく見て、パッパッはダメよ

おはようございます

徳雄です

今回はドジ話です。

6月18日夕方、我が家の車庫で、車から降りて家に入ろうと

少し狭いが歩いていくと何故か足が絡み右膝から床に

(下には太めのロープが少し丸くなっていた、それを左足で踏んで

右足を出したら、つま先に触りそのまま右膝から床に)

床はセメント固い何故、右ひじが付かないのか

(要するに、ただ転んだだけ)

非常に痛い、困った、「どうする」

時間がたつと少し腫れた、「どうする」

「風呂に入れば少しは違うかな」早めの風呂に、まだ痛い

「明日腫れていれば医者に行くか」

6/19日朝、昨日より腫れていた、整形に行く

医者「骨折です。皿の骨折です、3~4週間はかかります」

私、言葉にならない、これからどうなる。

下の写真

右膝の皿3分の1が縦に割れていた

f:id:toku25:20190629155002j:plain

  「血を抜きます痛いけど我慢してください」

少し太めの注射器で3本抜いた、とにかく痛かった

医者「とにかく安静にしていてください」

「あとはリハビリで処置してください」

確か医者は「石膏は要らないか」と言ったようだ

そんなには重症ではなかったな?

車いすに乗せられリハビリへ

膝裏に板をやって、そこに包帯で、ぐるぐる巻きこれで約3週間

f:id:toku25:20190629154906j:plain

もはや何もできない

近所の人Aから「徳、ケガしたんだって、どこだや」

私「右膝の皿の骨折だって」

近所の人A「大丈夫なのか、うちのせがれは、2月にやってまだ痛いといっているぞ」

「運転なんかして大事なのか」

私「しゃーないよない、他にいないんだから」(しかたない、変わってくれる人がいない)

近所の人A「絶対無理するなよ、跡が大変だから」

私「鮎釣りが待ってるから、早く治したい」

 

toku25.hatenablog.com

近所の人B「そんな物はいつでもできんびゃー、直すことを考えろ」

(いつでもできるから)

毎日医者通い(包帯の交換とリハビリと電気(超音波))

そして家では口論が絶えない

6月26日1週間目レントゲンを撮る

医者「皿も動いていないからこのまま続けてください」

6月27日朝、寝冷えしたらしく夏風邪を引いた

整形の帰りに予防薬を買う

f:id:toku25:20190701065056j:plain

これだけ用意した

妻「あんたが風邪ひくから、私も、のどがおかしいマスクして」

よわりめに、たたりめってこの事か

口調がだんだんきつく成った。

7月3日2回目のレントゲン

医者「骨も動いていませんこのまま後1週間続けて下さい」

「今日から風呂もいいです」

私「川に入ってもいいですか」

医者「川、なんですか」

私「7日から鮎釣りが解禁になります」

医者「それは無理ですね、今が一番大事な時、無理なことは危険です」

今年はダメか

夏風邪も少し良きなってきた。

7月10日3回目のレントゲン

医者「良くなってきてます、今日からこれは(膝の裏につけていた板)要らないです」

(3週間世話になった板と包帯)

f:id:toku25:20190711065930j:plain

「深い膝の曲げ方は、皿に負担がかかりますのでやめてください」

「鮎釣りもやりたいんだよね」

「無理のない姿勢ならやってもいいです」

(魚釣りを覚えていたなんていい医者です)

川に入るには、かなりのリスクが、あり過ぎることを言われた。

(数年前の私、これだけ石がごろごろしている、どこで、こけてもおかしくない)

(ホームグランドです)

f:id:toku25:20190711191731j:plain

7日夜明け解禁

風が強いのと、曇りの肌寒い日、さすがに人はまばら(朝9時ごろ撮影)

f:id:toku25:20190711192323j:plain

7月11日

朝起きると首筋が痛い、寝違えたみたい10日に板が取れたため

リラックスし過ぎか、とにかくよく寝た

首筋は痛いけどリハビリに行く

待合室で待っていると今度は腹がおかしい

朝9時、間もなくリハビリの開始

後回しになってもいいからトイレに

【下痢】マイッタ 出るだけ出して出ると呼ばれた

マッサージが終わり、次が電気(超音波)を掛ける時間約15分

掛けて間もなく腹が

「何とか我慢できないか、だめなら係の人にゆうか、とにかく持ってくれ」

15分がやけに長い

「まだか」「時々来る」「早く終わってくれ」我慢のしどころ

電気がやっと終わる、急いでトイレに、こんな時に人が

「早く出てくれ」祈るばかり、1分位で出たが、むのすごく長く感じた

トイレに入りパンツを降ろすと同時に【水のように出た】

「よかったー・・・中(リハビリ室)で出なくて」

散々な日でした。

7月17日やっと首の痛みが取れた

4回目のレントゲン

医師「骨も動いていないし良くなってきてます。」

「完全にくっ付いているわけではないので、リハビリと電気(超音波)は

続けましょう」

「川は入りましたか」

私「いいえまだ怖くて入っていません」

医師「今度は2週間後(7月31日)いいでしょう」

これからはリハビリだけだと思う

良く成たっら、又書きます。

 

 

我が家に来たツバメの巣立ちまでパート2

今年こそは巣立ってほしかった

こんにちは徳雄です。

ドジ話から始まります。

6月18日夕方、我が家の車庫で、左右の足が絡み(下にロープがあるのを踏み外す)

右膝からコンクリートにもろに皿から着く

何故、右手が先に着かないのか(次ぐ日痛ければ医者に行くか)

19日朝、起きると膝がはれていた、整形に行く「皿が骨折してます」「安静にしていてください」「3~4週はかかります」(膝を石膏でなく板で固定)

非常に困った7月7日は待ちに待ったアユ釣り解禁、不安だ

toku25.hatenablog.com

今日からは(19日)、しばらくの間、膝の皿を骨折したため会社は休みです。

なのでツバメの続きを書きます。

5月20日卵を産んだみたい(私の感)

f:id:toku25:20190619161816j:plain

5月24日卵を温めているのか(私の感)

f:id:toku25:20190616083627j:plain

6月26日せっせと温めている(私の感)

f:id:toku25:20190619162449j:plain

6月4日 見張り番 雄か雌 ?

f:id:toku25:20190619163337j:plain

6月4日いよいよ車庫の中がフンで汚れ始める

f:id:toku25:20190619163917j:plain

6月4日 朝 車移動

(今年は気を使ってみた、猫にもやられないため)

f:id:toku25:20190619164129j:plain

6月4日 朝 車 別の所に

f:id:toku25:20190619164026j:plain

6月6日ひな誕生か?

f:id:toku25:20190619164742j:plain

6月8日ついにひな誕生

今年こそは巣立ってほしい

f:id:toku25:20190619165051j:plain

6月11日元気そう

f:id:toku25:20190619165312j:plain

6月14日 私の方見て何か言いたそう(私の見解)

(早くどけと言っているのか)

f:id:toku25:20190619165440j:plain

ここで少し一服

下のカメラが私の今使っている物(いつ買ったかは不明)

(何故か古くとも箱だけは残っている)

液晶も悪く、連射も出来ず、バッテリーもすぐなくなる

6月12日(夜)パソコンスクール(月3回ある)の先生に相談した。

私「ツバメを撮るのに、カメラが古く、連射も出来ない、困っています」

先生「それなら徳さん、スマホにすれば、カメラほどではないが、色々解決するよ」

「連射だって、望遠だって、付けられる、ほかにもいろいろある」

家や車に関する道具は、買うのだけど、スマホは未だ踏ん切りがつかない。

f:id:toku25:20190619165623j:plain

ここからツバメ編、6月16日かなり大きくなった

f:id:toku25:20190619171844j:plain

6月17日、朝、コードに泊まっているのは親ではなく子供かな?

こんなに大きくなった(産毛が違うかな、私なりの見解)

はいポーズ、私を見ているかな(勝手な見方)

f:id:toku25:20190619172232j:plain

6月17日、夜、我が家に帰ってくるなり妻が

妻「ツバメ 蛇 にやられたみたい一匹もいない」

「毎日、パカパカ、写真ばかり撮って、なんでツバメを見ていないんだ」

私「朝はちゃんといたよ、写真も撮ったんだから」

夜、懐中電灯で見ると子供がいない、ほんとにやられたのか

 

toku25.hatenablog.com

6月18日朝

確かに何もいない

回りにも親がいない(まだ巣立たないと思う)

f:id:toku25:20190619173830j:plain

6月19日朝又見てみる、やはりいない

今年は車も移動かなり神経を使ったつもり

でも現実は、写真を見ての通り今年もダメだった。

f:id:toku25:20190619173931j:plain

この澄んだ青空、この電線に親子で飛び回り、餌の取り方を教える姿を見たかった

もしもだけど、17日の朝、コードにいた子供(大きいやつ)が危険を感じ、飛べるぐらいの力があって

飛べたらよかった、いや飛んでくれ。

私の願いです

f:id:toku25:20190619174351j:plain

ここで思いついたことがあった

昔、家で(中3年ごろ、約50年前)野鳥(ひわ)を飼っていた。(そのころから違法)

軒下につるす時は、素手でやらず、何か棒で掛けるように

鳥の巣を見たら、そこから帰らず、そのま通り過ぎること

木の中にある場合などは、絶対に手では触らない

これらをやると必ず、蛇が来て飲んでしまう(人間の匂いが付く)

なので今年は、かなりこれらの事を、踏まえやったつもり

でもこれが、現実、手心を加えては、いけない事なのか

ツバメはここで生まれ子供が、また来年ここに卵を産みに帰ってくる

でも今年は巣立っていない

あの一羽に期待したい

是非、帰ってきてほしい

私の願いです。

もし来年、来たら、この続きを是非、書いてみたいです。

終わります。

 

 



 

 

 

 

 

 

 

 

我が家に来たツバメの巣立ちまでパート1

今年こそは無事に巣立ってほしい

おはようございます。

徳雄です

3年か4年ぶりかな?

ツバメが帰ってきました(5月2日)

f:id:toku25:20190616081414j:plain

昔、蛇や野良猫にやられてからは、我が家には寄り付かなかった

蛇がここまでやるとは思ってもみなかった

電線をうまく利用して巣まで行って食べてしまった

(下の写真がやられて後)

f:id:toku25:20190616081517j:plain

又は【落語のつるの小話】ではないけど

「つーー」と来ては「る」と、言った具合に帰ってしまう。

果たして今年は卵を産んでくれるのか心配でした

車庫の中をよく見ているのか、それとも偵察か?

昔、私が下に落ちないように板を張った

これがツバメには悪かったみたい

あちこちに作り出した

f:id:toku25:20190616081905j:plain

可哀そうでも、人が手を出してはダメ(早く気が付けばよかった)

f:id:toku25:20190616082148j:plain

今年は上手く卵を産んでくれるんか

これも様子見か?

今年も昔に作った巣を利用(5月2日)

f:id:toku25:20190616082914j:plain

でも心配事が、ここは車庫、妻の車がある。

そして困ったことに、コンセントの所(昔これがもとでショートしたことがあった)

卵を産むまでは車の上にシートを置いて汚れないよ

f:id:toku25:20190616083146j:plain

どうやら卵を産むらしい(5月19日)

f:id:toku25:20190616083627j:plain

f:id:toku25:20190616084121j:plain

早くひなにかえってほしい(5月19日)

f:id:toku25:20190616084649j:plain

続きます。

 

 

我が家のついていないナビゲーション

きょうびの(最近)ナビがこんな簡単に壊れるものか?

こんにちわ

徳雄です

今回は我が家のナビゲーション(後はナビ)について書きたいと思います。

f:id:toku25:20190526063603j:plain

現在使っている物は2台目なんですけど

2台とも買って間もなく使えなくなりました。(検索が出来ない)

(後に2台とも新品交換)

別にナビは欲しくは無かったのですが

買い物に行く時、私はいつも時計代わり、にラジオ(文化放送)を聞きます。

面白い話などの時に、笑うことがあります

それがかえって妻(スリランカ)には苦痛らしく

「何が面白いの」「がーがーうるさい」と言われました

なのでテレビ付きナビを買えば少しは違うかな?

何処の、どうゆう物が、いいのか色々見てみる(会社の同僚にも聞く)

自動車工学とゆう小雑誌の中にナビの事が載っていた。

12フルセグのナビこれならいけると思い通販で買いました。

(今は箱だけ)

f:id:toku25:20190526063720j:plain

間もなく我が家に来たそして取付

説明書通りに取付「え」現在地「益子町

我が家は【粟野町現在は鹿沼市おかしい何回やっても変わらない

「ま いいかナビが出来れば」そのまま使うことに

取付から約2か月後に、栗橋から私の弟が住む太田市に向かうために使う。

私「今日はナビがあるから地図帳は要らないな」

栗橋で用を終えていざ太田え(前もって住所入力)

ナビを入れて出発(ルート案内を開始しますのアナンス)

ナビ「これより斜め後方です」

私「え?ここは真っ直ぐのはず」直進する

ナビ「次 左です」

私「どこに左に入る道があるんだ」

「これおかしくない」

ナビを入れたまんま道路標識を頼りに行く(地図を持ってくればよかった)

おかしな所になり弟に電話

私「いま○○の所にいる、そこ(弟の家)に行くには、どう行けばいいのか」

弟「○○ならばそのまま直進して122号に出てら又電話して」

言われた通り122号に

私「今ここ」

弟「ベンツの会社があるからそこの細い道を入って」

何とかか弟の家に着くが、ナビはまだついたとは言わない(ここでナビは切る)

翌日会社でこのナビの話をした

私「昨日さナビを初めて使ったらおかしいんだよ」

「直進のはずが、斜め左だったり、左に入る道がないのに、次 左だったり、おまけに現在地が益子だったり、おかしいよなー」

同僚「ちゃんとやった、おかしなこと、しなかった」

私「説明書を見てやったよ」

同僚「いつ買ったの」

私「2か月前だよ」

同僚「ならば早いとこ買ったところに、クレームするなりした方がいいよ」

私「通販なんだよ」

同僚「通販でも電話番号ぐらいあんべー、早いとこ連絡した方がいかんべー」

(早い所電話した方がいいでしょう)と言われ連絡することに

電話してもなかなか、つながらない,なのでメール送ってみた

(道案内が出来ない、現在地が粟野町現在は鹿沼市)なのに益子町になっている、買ってまだ2か月などのメールを送った)

すると買ったところの担当者らしき人から
「内容は分かりました、品物をこちらあてに送ってください」との返事

ナビを梱包して送る

数日後新品が届いた

「機械の不具合により新しいのを送りました」「誠に申し訳ございません」

など担当者からのわび状のメールも来ていた。

休みの日に取り付けてみた

今度は上手く行った(やはり機械の不良化だったかな?)

それが3年も過ぎると液晶がうまく作動しない3回ぐらいは押す

妻「ポンポン押すからダメになる」

私「そんな訳あるか、きょうびの(最近)機会が、そんな簡単に壊れるか」

そして5年後完全にダメになりメーカーにメールを送ってみたが

(液晶が利かない、修理は聞くのか、などをメールしてみた)

なんの返事もなく諦めた(5年もたつと相手にしてもらえない)

ナビは諦めようと思ったが、H30年10月に又買った(別のメーカー)

f:id:toku25:20190526070336j:plain

これがまたルート案内が出来ない(令和元年5月3日)

 

toku25.hatenablog.com

 後日電話

すぐに新品が来た

これが最近の我が家のナビ

f:id:toku25:20190526070838j:plain

今度は上手く行きます様に

終わりです



 

 

 

令和3日目、予想外、初のバスツアー

今年は富士の芝桜を見に行こう

こんにちは

徳雄です

4月26日夜、妻の従妹(スリランカ(既婚) 八潮在住)から突然電話

従妹「富士の芝桜を見に行かない」
「休みはいつから」

私「28 29日が休み」

従妹「じゃ 29日で行く、でも帰りが遅い」

私「帰りが遅いと、30日から仕事だから、遅いと出目だな」

「あとはいつ有る」

従妹「5月3日は」

私「5月2日から6日まで休みだから行けるよ」電話を切る

妻「大丈夫 行ける 」

私「大丈夫だよ、何のためにナビを買ったの」

妻「あ あ あ・・・わかった 出来ないダメよ」

4月30日仕事が予定より早く終わり1日から休みに

5月1日午後、心配なのでナビを入力してみる

「え え え どうゆうこと検索できない」

(H30年10月に購入)説明書を読む(のちに新品交換)

電話番号 住所 登録は出来るけど検索(ルート案内がダメ)ができない

(約1時間以上はやった)

仕方なしに地図を見る

私「三郷のララポート(コストコ)の先、三郷ジャンクッションから首都6号線、八潮南、これなら行ける」

ララポートは以前、3回行ったことがあるので、パソコンで詳しく見ていくことに

5月2日午後、従妹が居る八潮大原に向けて出発

高速(混雑なし)を乗り継ぎ(東北道 栃木IC→外環三郷線→三郷ジャンクション→首都6号→八潮南)夕方従妹のアパートに着く(泊り)

従妹「初めて行く場所なので、明日は早く起きて行くね」

3日朝、3時起き(アパートから八潮駅までは徒歩約15分)電車を乗り継ぎ、東京駅に6時ごろ着く

連休のせいか又は、朝が早いせいか、車がほとんど無い、東京駅前

出発時間は朝7時、南口の丸の内ビル前に集合、そこにバスが来るとのこと

まだ時間ある散策してみる

東京駅内には即位の垂れ幕

f:id:toku25:20190507065842j:plain

車や人がいない駅前

f:id:toku25:20190507070015j:plain

5月3日皇居前も誰もいない

f:id:toku25:20190507070131j:plain

まだ閑散としている駅前

f:id:toku25:20190507070616j:plain

そして時間、集合場所に

私「え?これはTCBのバスじゃん、これに乗るのか」

「まさか栃木から来たわけじゃなかんべなー」つぶやく

(食堂の駐車場にて)

f:id:toku25:20190508065417p:plain

気になる

朝7時出発時間

添乗員さんから「43人満席です、有り難うございます」

「これより出発いたします」全員に予定表を渡す
 

f:id:toku25:20190508062917p:plain

間もなく首都高に入り、驚いた全然進まない

私は前の列から6列目、そこから撮影したため非常に見えにくい

バスの前は車だらけ、少し走っては止まりの繰り返し

f:id:toku25:20190508063240j:plain

最初の休憩、パキングさえなかなか入れない

トイレ休憩(石川パーキング)

女性用トイレにはこれだけの列が

f:id:toku25:20190508064810j:plain

駐車場も満車

f:id:toku25:20190508065013j:plain

ここで添乗員さんに聞く

私「私は栃木から来ました、このバスは栃木でよく見かけます」

「栃木から来たのですか」

添乗員さん「いえいえ東京営業所から来ました」

「ナンバーを見てください足立ナンバーです」

私「ほんとうだ」

驚いた東京にも営業所があるなんて

f:id:toku25:20190508070111j:plain

ここで乗客を見てみた、43人中男性は私を入れて5人

後は女性それもみんな若い、私が一番の年配みたい

まだまだノロノロ運転は続く

しばらく走った時に添乗員さんから

「あまり道が混んでいるので違うルートから行きます」

2度目のトイレ休憩(混雑は少しだけ解消)

トイレには、まだ列が(釈迦堂PA)

f:id:toku25:20190511065520j:plain

 

少し遠回りするらしい

いつしか一般道に

車窓から見た富士山

こう言う景色を見ると、少しはほっとする。(ここらで12時ごろまだ着かない)

f:id:toku25:20190508072401j:plain

このありだったかな添乗員さんが一言

「今日は、令和になって3日目、私も3回目です、1日 2日と来ましたが、曇りで富士山も見えませんでした

今日は富士山も良く見えるので、車が殺到し、混んでいるのだと思います

私も,こんなに混んでいるとは、思いませんでした」

少し辛そうに見えました。

でもまだまだノロノロ運転

午後1時やっと富士の芝桜の所に着く

朝7時に出て午後1時到着、参りました。

ここで添乗員さん「2時には出発します」

私つぶやく「1時間か・・少なくない」

添乗員さん「楽しんで、みて下しい」

いざ富士の芝桜見に

中途半端な写真でごめんなさい

f:id:toku25:20190511071140j:plain

f:id:toku25:20190511071249j:plain

たまには夫婦で

 

f:id:toku25:20190511072007j:plain

f:id:toku25:20190511071351j:plain

楽しい時間もつかの間、間もなく出発時間

添乗員さん「これより時間的に遅くなりましたけど食事行きます」

食事処午後3時かなり遅れた

このお土産店の2階が食堂

f:id:toku25:20190511072935j:plain

食事を終え【イチゴ狩りに】

f:id:toku25:20190511073137j:plain

食べ放題,でも食事後そんなには食えない

出発時間になる

添乗員さん

「今日は道路が非常に混んでいるため,帰りが何時になるかわかりません」

「なので2か所ばかり行けなくなりました、申し訳ございません」

「ワインの工場を見ましたら帰ることにします」

ワインの試飲(山梨マルスワイナリー)

 

f:id:toku25:20190511073335j:plain

 ここでツアーは終わり帰ることに

帰りもこの状態

f:id:toku25:20190512172352j:plain

もう何時だか、何処だか、分りません。

(良く見ると中央に時計が)

f:id:toku25:20190512172427j:plain

東京駅に着いたのは夜10時過ぎ八潮駅には10時30分ごろ

食事をしてアパートに着いたのは12時近かった(泊り)

とても散々な1日でした

5月4日、従妹のアパートを朝10時に出る

そして帰りは、足利フラワーパークに向けて高速移動

これまたスムーズには、いかなかった

東北道が2か所で事故渋滞

ここでも「参った」

何とか12時ごろに到着

これからは足利フラワーパークです。

大藤

f:id:toku25:20190512174322j:plain

白藤

f:id:toku25:20190512174358j:plain

八重藤

f:id:toku25:20190512174432j:plain

これも藤

f:id:toku25:20190512174509j:plain

さつきなども有ります

f:id:toku25:20190512174530j:plain

帰りがけに寄った足利フラワーパークでした

ともに花は奇麗でしたが

疲れた連休でした。

終わり